2022年観た映画・ドラマメモ

2022/1/13「王様のレストラン(1995年)」三谷幸喜:⑨

⇒TVerで限定公開していたものを視聴。一番好きなドラマ。初めて最終回まで視聴できた。三谷幸喜の脚本も松本幸四郎や山口智子の演技もすべてが最高。三谷幸喜がレストラン内で物語をすべて完結させる点にこだわった作品らしい。「私は先輩のギャルソンにお客様は王様であると教えられました。しかし先輩は言いました。王様の中には首をはねられた奴も大勢いると」の名台詞がしびれる。

2022/1/10「えんとつ町のプペル(2019年)」廣田裕介:⑥

⇒西野亮廣原作。ストーリーや設定に粗い部分はあったが映像や最後の展開は良かった。ラピュタやディズニーミュージカルを意識してそうなところは多かった。

⇒2021年観た映画・ドラマメモ