「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」吉田尚記

人は自分が淀みなく話している時に楽しいと感じられる生き物なので、それをワクワクしながら聞ける姿勢をとれるか否か、そこにコミュニケーションの実りは懸かっています。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか。

楽しく、心地よく、気まずさなんてどこ吹く風でうんうんって話を聞いてくれる人、自分のことに興味を持って、いろいろと訊いてくれる人。驚いたり笑ったり、話が転がって退屈しない人。

そういう人とコミュニケーションをとっていると人は確実に楽になれるんですね。

コミュニケーションというのは、じつは、コミュニケーションが成立すること自体が目的であって、そのときに伝達される情報は二の次なんです。

コミュニケーション・ゲームのルールとは、

①敵味方に分かれた「対戦型のゲームではない」、参加者全員による「協力プレイ」

②ゲームの敵は「気まずさ」

③ゲームは「強制スタート」

④ゲームの「勝利条件」はさまざま

人間誰しも、負けてると思うからコミュニケーションに参加したくなるんです。

自分の正当性を主張したくなるし、相手にそれを認めさせたくなる。

でもそれではまだ、コミュニケーションを相手との対戦型として考えてしまっているんです。

コミュニケーションは協力プレイです。

協力プレイである以上、相対的な比較や優劣なんて関係ありません。

コミュニケーション・ゲームでは、劣等感は無視する。

生まれてしまった気持ちを無視することは、努力次第で出来るはずです。

非戦のコミュニケーションを積み上げていった先に何があるかというと、究極は沈黙なんです。

話題とは質問であって、自分の話をするのではありません。

いきなり自分の話を始めるのは、相手に対して「あなたにはニーズがない」と言っているようなものです。

会話における本質的な問題は、じつは「質問」に凝縮されるんです。

これはある伝説的なディレクターが指摘していたことですが、本当に面白い芸人さんで「はい、どーもー!」って出てくる人間はいないそうです。

確かに、面白い芸人さんはまずお客さん、コミュニケーションの相手がどう感じているかを察してから話し始めます。