30歳(男)がピアスを開けたときの経過報告

30歳でピアスを開けたときの経過報告です。

事業を法人化したので「もうサラリーマンには戻らない」という決意表明の一つとして開けました。

 

当日

クリニックに電話して片耳4000円くらいで開けてもらう。

開けた瞬間は「痛い」というより「熱い」感じ。

「開ける位置をマジックで書いてください」と言われたので、事前に位置を決めていった方がいいかも。

男はゲイでないなら左耳に開けるのが一般的らしい。

 

1日目

ファーストピアスは1~3ヶ月外してはいけないらしい。

ピアスのある方の耳を下にして寝られないのが苦痛。

痛みは特になし。

 

1週間

触らずにひたすら放置。

痛みや腫れ、膿みはなし。

 

1ヶ月

ファーストピアスがクリニックには女性用しかなくダサかったのでセカンドピアスに変更。

チタン製の目立たなくて地味なやつ。

外すときなかなか留め具が取れず、なんとか取れたと思ったら今度はセカンドピアスが入らない。

入り口からは入るものの、出口から出てくれない。

自分の身体の中に異物を通しているという違和感に気持ち悪くなって、この日は諦めて就寝。

翌日になると、薄いかさぶたができますます入らない状態に。

かさぶたを取り払って1時間ほど格闘した末、ようやくセカンドピアスの装着に成功。

 

2ヶ月

透明な分泌液がよく出てくるように。

固まると黄色くなって見た目が汚い。

また、耳をよく触るようになってしまい耳たぶが荒れるように。

皮膚科に行って薬をもらう。

 

3か月

ようやく落ち着いてきて好きなピアスに移行。

フープピアスを付けて外したところ、血がついていたので再度セカンドピアスに戻す。

 

4ヶ月

調子が悪くなってきて分泌液がしょっちゅう出るように。

2か月目に戻った感じ。

 

5ヶ月

柔らかいシリコン製のピアスに変更。

変えてから3日ほどですぐに安定してきた。

 

6ヶ月

他のピアスに変えても問題ないように。

寝るときだけシリコン製に戻す感じ。

 

まとめ

ちょうど半年で穴が完全に落ち着いた。

2,3ヶ月ではまだ全然落ち着かない。

シリコン製ピアスがあると便利。

 

その後

その後1年経過‥。

ピアス辞めました(笑)。

普段左耳を下にして寝るため寝にくいのと、もうピアスを付ける経験もできて満足したので(笑)。