無線LAN・ケーブルメモ

現行

BUFFALO WSR-1166DHP

 

規格

「b<a<g<n<ac」新しくルーターを買うなら11acがおすすめ。より速い11adが間もなく実用化

これからWi-Fiルーターを購入するなら、11acモデルがおすすめです。現在11n対応の無線LANルーターを使っている人は、そろそろ11acに買い換えてもよいでしょう。

 

通信速度

代表的なのは、433Mbps、867Mbps、1,300Mbps、1,733Mbps、2,167Mbpsの5種類になり、この中で一般的な速度が867Mbpsです。

Wi-Fiルーターを購入するときは、11acに対応していて通信速度867Mbps以上の製品を選ぶことが重要。

価格帯も5,000円前後から購入できるのでお買い得です。ワンルームにお住まいのひとり暮らしの方なら867Mbpsに対応した製品でも不便のない性能と言えます。

 

メモ

スマートフォンなどに向けて集中して電波を送信することで、電波強度を高めて、安定した通信を実現する「ビームフォーミング」。

1度に複数台の機器と同時に安定した接続が行える「MU-MIMO」(マルチユーザーMIMO)

 

購入

NEC AtermWF1200HP

 

LANケーブル(おまけ)

「カテゴリ」とはLANケーブルの規格のこと

契約しているインターネット回線の最大通信速度が1Gbpsの場合、 カテゴリ5eまたはカテゴリ6のケーブルを選びましょう。

1000BASE-Tは、データ転送速度が最大1Gbps(=1000Mbps)

【購入】エレコム ELECOM LD-GPY/BK5

LANケーブルのカテゴリって何ですか?

LANケーブルの選び方