eチケットメモ

・eチケットとは、これまで紙の航空券に記載されていた内容を、紙の代わりに航空会社のシステム内に記録させるエレクトロニック・チケット(電子航空券)という新しいタイプの航空券です。

・eチケットお客様控えは国内線の場合は発券しなくてもあまり問題はありませんが、国際線の場合は入国がスムーズになるので、プリントアウトした方が良いでしょう。

・航空券を予約した場合には、まず「eチケット」ではなく、「eチケットお客様控え」が発行されますが、あくまで控えであり、航空券ではありません。

・eチケットお客様控えを搭乗日当日にチェックインカウンターに持って行くと、航空会社は、データベースから予約記録を読み出し、チェックインのための手続きをしてくれます。

当日

≪搭乗時≫

パスポート、旅程表(eチケットお客様控え)を持ち、チェックインカウンターもしくは、自動チェックイン機へ。そこで目的地までの搭乗券を受取ります。

≪入国時≫

入国審査の際、帰りの航空券の提示を求められた場合は、旅程表(eチケットお客様控え)が証明となりますのでこれを見せるだけでOKです。

≪帰国時≫

搭乗時と同様で、パスポート、旅程表(eチケットお客様控え)を持ち、チェックインカウンターもしくは、自動チェックイン機で搭乗券を受取ります。

参考

初めてでも大丈夫!eチケットの使い方と当日の流れ

eチケットとは?どういう意味?

関連記事

ページ上部へ戻る
Top